お客様から依頼を受けて、きもの、帯などのデザインから制作迄をします。
問屋さん、呉服屋さんからの依頼はもちろんですけれど個人のお客様からの依頼、たとえば、「自分の飼っているアメリカンショートヘアーを帯に描いて下さい」とか「パンダの振袖が着たい」とか・・・
奇抜にならないで着る方が引き立つようにを心がけて制作しています。

洋服の文化は引き算の文化だと思います。
色数少なくシンプルに装うことがオシャレ・・・
でも、きものの文化は足し算の文化です。
きものに帯に帯締め、帯揚げ、半襟、伊達衿、振りから見える長じゅばんの色・・・そのほかいろんな小物たち・・・と、どれだけの色の組み合わせで自分を表現できるか・・・・

とにかく私はきものが好き。着るのも作るのも好き。
いろんな色が好きだから自分に似合ういろんな色の組み合わせを見つけるのが楽しい・・・人にも・・・ね
私の作ったきものを身に着けたときに「わー私ってなかなかいい女じゃない・・・」っていう顔を見るのが大好き。




1951年 東京麹町で生まれる
1968年 日本デザインスクールでデザインを学ぶ
1970年   染色工芸作家 田内康近先生の内弟子となる
1988年 染色工房「慶昴」設立
東京都工芸染色協同組合 組合員
1996年 第34回染芸展以降毎年出品
1998年 グループ展「しゃれ帯展」開催以降毎年
開催 長崎県立向陽高校服飾デザイン科にて講演以降毎年

2001年 東京手描友禅第39回染芸展にて
伝統的工芸品産業振興協会賞
松屋賞 受賞
受賞作品「いっぱいの恩返し」



Copyright(C)2002 by DENTOU-KOUGEI.COM ,.All rights reserved